1. ホーム
  2. 会社概要
  3. 沿革

沿革

地図に魅せられ50年

沿革イメージ

先端の空間表現を発信し続ける会社として、創業以来一貫して技術革新に取り組み、地境を広げてきました。これからも、「地図づくり」にこだわって前進します。

沿革

昭和28 (1953)年 9月 旭川市10条通14丁目にて津田勝美が創業。
昭和32 (1957)年 8月 会社設立。
昭和41 (1966)年 7月 スクライブ技法による製図作業開始。
昭和41 (1966)年 10月 札幌支店開設。
昭和42 (1967)年 10月 本社社屋を旭川市東4条8丁目に新築移転、地図作成の一貫作業工場完成
昭和43 (1968)年 12月 測量法に基づく測量業者登録。
昭和44 (1969)年 11月 仙台支店開設。
昭和45 (1970)年 4月 釧路支店開設。
昭和45 (1970)年 10月 東京支店開設。
昭和47 (1972)年 10月 東京作業所開設。
昭和50 (1975)年 10月 盛岡支店開設。
昭和54 (1979)年 9月 帯広営業所開設。
昭和54 (1979)年 11月 旭川市神居町台場(現在地)に旭川作業所新築移転。
昭和56 (1981)年 4月 出版事業開始。
昭和59 (1984)年 1月 コンピュータ・マッピング画像処理システム開発。
昭和59 (1984)年 6月 福島支店開設。
昭和61 (1986)年 7月 東京作業所をコンピュータ・マッピングセンターに改編。
昭和63 (1988)年 11月 本社社屋を神居町台場に新築移転。併せてコンピュータ・マッピング・システム設置。
平成元 (1989)年 カー・ナビゲーションシステムの電子地図作成に参画。
平成 2 (1990)年 7月 旭川作業所を総合技術センターに改編。生産能力とコンピュータ・マッピング及び情報処理技術を強化。
平成 5 (1993)年 5月 静岡営業所、千葉営業所、網走営業所開設。
平成 6 (1994)年 4月 函館営業所開設。
平成 6 (1994)年 6月 青森営業所開設。
平成 7 (1995)年 5月 標高データベースを全国整備、三次元データ構築提供開始。
平成 8 (1996)年 6月 秋田営業所開設。
平成 9 (1997)年 1月 本社敷地内に情報センタービル新築、大縮尺地図データベース構築を本格化。
全国中縮尺地図データベース構築完了。
平成10 (1998)年 3月 GIS地図データベース「GISMAPシリーズ」発売。
平成10 (1998)年 11月 東京事務所を東京フロントオフィスに改編。
平成11 (1999)年 4月 広島営業所開設。
平成12 (2000)年 1月 釧路支店と帯広営業所を統合し、帯広支店とする。
平成14 (2002)年 11月 旭川市住宅地図発売開始(大縮尺地図データ使用)。
平成15 (2003)年 2月 札幌市住宅地図発売開始
(札幌市現況図DMデータ使用)。
平成15 (2003)年 5月 東京都住宅地図発売開始(東京都基本地図データ使用)。
平成16 (2004)年 10月 ISO9001:2000認証取得(技術本部、空間情報ソリューション本部)。
A倍版CTP(コンピュータ・ダイレクト刷版システム)導入
平成19 (2007)年 8月 「ビスタマップ旭川」国際地図展 最優秀賞受賞

クイック検索

製品名や目的などキーワードを入れて情報を検索する事が出来ます。


メニュー

会社概要のトップ
会社概要
採用情報
当社へのアクセス
事業所案内
沿革
会社案内パンフレット

よくある質問と答え

他のFAQも見る