1. ホーム
  2. よくある質問と答え
  3. GISMAPシリーズ
  4. 空間情報サービス
  5. FOSS4Gって何ですか?

FOSS4Gって何ですか?

FOSS4GとはFree Open Source Software for GeoSpatialの略で、オープンソースの地理情報ソフトウェア(GIS)群です。
オープンソースソフトウエアの地図利用に特化したものを言います。

代表的なソフトウエアの一例を挙げます。

QGIS
(Quantum GIS)
QGISは使い勝手のよいオープンソースの地理情報システム(GIS)です。
Windowsをはじめ、Unix(Linux)、MacOSX上で動作します。
操作性も良く、各種のベクタ/ラスタフォーマットとそれを操作するコマンドで構成されています。
参考サイト:http://www.qgis.org/
MapServer
地理データから複数のレイヤーを重ね合わせ、地図を描画するためのWebGISエンジンです。地理データとして点や線、ポリゴンなどのベクターデータと画像などのラスターデータを使用することができます。
参考サイト:http://mapserver.org/
PostGIS
PostGISはPostgreSQLオブジェクト関係データベースに地理オブジェクトの取り扱いを追加したものです。MapServerGeoServer等のWebGISエンジンと接続して使用されます。
参考サイト:http://postgis.net/
OpenLayers
OpenLayersはWebブラウザで地図データを表示する、JavaScriptで作成されたオープンソースライブラリです。GoogleマップやBing Mapsのような、Webブラウザ上で動作する地図アプリケーションを構築するためのAPIを提供しています。
参考サイト:http://openlayers.org/
Leaflet
OpenLayersと同様にWebブラウザで地図データを表示するためのJavaScriptライブラリです。HTML5とCSS3に対応しており、OpenLayersやGoogle Maps APとともに人気のあるJavaScript地図ライブラリの一つです。
参考サイト:http://leafletjs.com/

 

当社では基盤製品であるGISMAPシリーズから、これらのツール群での利用を想定した、FOSS4G用途に限定したシリーズを用意しています。

北海道地図株式会社とFOSS4G

OSGeo財団(The Open Source Geospatial Foundation)は、高品質のオープンソース地理空間ソフトウェアの支援と構築のために設立されました。この財団の目的は、コミュニティーが先導して、オープンソースプロジェクトの利用と開発を促進することです。OSGeo財団の日本における公式の支部が「OSGeo財団日本支部(OSGeo.JP)」です。

当社はOSGeo財団日本支部の団体会員であり、FOSS4GツールにてWebおよびシステム構築の実績を多数有しています。

その他ご質問等ありましたら当社営業店またはインフォ宛にお問い合わせください。

クイック検索

製品名や目的などキーワードを入れて情報を検索する事が出来ます。


メニュー

よくある質問と答えのトップ
GISMAPシリーズ
オーダーメイドマップ サービス
空間情報サービス
地図調整・印刷
3Dマッピング
出版事業
その他のご質問

よくある質問と答え

他のFAQも見る