1. ホーム
  2. お知らせ
  3. メディア情報
  4. 『北海道のジオパーク』の記事が紹介されました。

『北海道のジオパーク』の記事が紹介されました。

2015年10月04日

AIR DOの機内誌「rapora(ラポラ)10月号」

北海道の航空会社 AIR DO機内誌「ラポラ」の特集『見て、歩いて、体感!北海道のジオパークで、当社の「ジオアート」ジオパークシリーズ(洞爺湖有珠山とアポイ岳)が掲載されました。“北の仕事人”コーナーでは、当社きってのアイディアマン小林毅一専務が紹介されました。北海道ジオパークの特集と合わせて機会がありましたら、ぜひご覧下さい。

  rapora151006.jpg
  kitano151006.jpg

「rapora(ラポラ)10月号」に掲載されている「アポイ岳ジオパーク」鳥瞰図ジオアート・ポスター

 

ga_apoidake.jpg

 

南北150kmにおよぶ北海道の背骨、日高山脈の西南端に位置するアポイ岳(標高810.2m)。特殊な地質や気象などの自然条件により、低標高ながらも高 山植物の宝庫として知られています。2008年にはアポイ岳を中心とした付近一帯が、大地の貴重な遺産であるとして「アポイ岳ジオパーク」として認定、さ らに2015年「世界ジオパーク」として認定されました。

  
●サイズ : B1(タテ728×ヨコ1030mm)
●税込定価 : 1,000円

 

「rapora(ラポラ)10月号」に掲載されている「洞爺湖有珠山ジオパーク」鳥瞰図ジオアート・ポスター

 

ジオアート 洞爺湖有珠山(ジオパーク)

 

The GEO ART

支笏洞爺国立公園の中心エリアでもある洞爺湖周辺は、世界でも有数の火山活動を間近に体験できるエリアとして2009年に「世界ジオパーク」として登録されました。
この鳥瞰図は洞爺湖を中心に2008年の「北海道洞爺湖サミット」会場となったウィンザーホテルや有珠山、昭和新山、羊蹄山などのジオスポット、ルスツリ ゾート、積丹半島、札幌市を配置し、遠くは稚内、利尻島・礼文島まで望む、ほぼ南から眺望した絵柄となっています。

  
●サイズ : B1(タテ728×ヨコ1030mm)
●税込定価 : 1,000円

 

 

 

ジオアートシリーズのご購入はこちらまで

東京書籍WEBショップ 地図専門館 【ジオアートシリーズ】

 

クイック検索

製品名や目的などキーワードを入れて情報を検索する事が出来ます。


メニュー

お知らせのトップ
お知らせ
製品情報
メディア情報
レポート
ギャラリー
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

よくある質問と答え

他のFAQも見る