1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 製品情報
  4. THE GEO ART ジオ・アート とかち鹿追 リリース

THE GEO ART ジオ・アート とかち鹿追 リリース

2016年07月13日

当社の鳥瞰図ポスター「ジオアート」のラインナップに、

とかち鹿追ジオパークを題材にした新作「とかち鹿追」が加わりました。

 

とかち鹿追ジオアート 表面 とかち鹿追ジオアート 裏面

(左:表面 / 右:裏面)

「とかち鹿追ジオパーク」は、北海道東部に広がる十勝平野、その北西部に位置する鹿追町全域をエリアとしています。鹿追町の北部にある然別湖は山々に囲まれており、それらは然別火山群と呼ばれる10個の溶岩ドームです。火山の活動によって川がせき止められ、然別湖がつくられました。町の一部は大雪山国立公園に指定されており、自然景観や温泉を楽しみに多くの観光客が訪れています。2013年に日本ジオパークとして認定されました。

 


「ジオパーク」とは?

ジオ(地球)に親しみ、ジオを学ぶ旅、ジオツーリズムを楽しむ場所がジオパークです。山や川をよく見て、その成り立ちとしくみに気付き、生態系や人間生活との関わりを考える場所です。足元の地面の下にある岩石から宇宙まで、数十億年の過去から未来まで、山と川と海と大気とそこに住む生物について考える、つまり地球を丸ごと考える場所、それがジオパークです。(日本ジオパークネットワークHPより)

 

2016年06月20日

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

伊豆大島ジオパークを題材にした新作「伊豆大島」が加わりました。

 

伊豆大島ジオアート表 伊豆大島ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

「伊豆大島ジオパーク」は、伊豆諸島最大の火山島である伊豆大島の全域を範囲とするジオパークです。フィリピン海プレートの下に太平洋プレートが沈み込んでマグマが作られ、そのマグマが上昇して火山の噴火が起こり、伊豆大島は生長してきました。この島が北西~南東方向に伸びているのは、その方向に地面が割れやすく、その割れ目に沿って火口が作られたためです。
首都圏から比較的近い距離にありながら、生きた活火山のダイナミズムを観察できる貴重な地域となっています。

2010年に日本ジオパークとして認定されました。

 

2016年05月20日

THE GEO ART ジオ・アート 佐渡 リリース(2016年05月20日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

佐渡ジオパークを題材にした新作「佐渡」が加わりました。

 

佐渡ジオアート表 佐渡ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

「佐渡ジオパーク」は新潟県佐渡市の佐渡島全域を範囲とするジオパークです。佐渡島は北西側の大佐渡山地・南東側の小佐渡丘陵・その間の国中平野から成り、北西部の海岸や二見半島・小木海岸に分布している海成段丘や隆起波食棚の高度から、1000年で1m程度の割合で隆起していると推定されています。江戸時代には金や銀の国内屈指の産出地として発展し、2011年には「トキと共生する佐渡の里山」としてGIAHS(世界農業遺産)にも認定されています。

2013年に日本ジオパークとして認定されました。

 

2016年01月14日

THE GEO ART ジオ・アート 栗駒山麓 リリース(2016年01月14日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

栗駒山麓ジオパークを題材にした新作「栗駒山麓」が加わりました。

 

栗駒山麓ジオアート

宮城県栗原市に位置する「栗駒山麓ジオパーク」が誕生するきっかけになったのは、2008(平成20)年6月14日に発生した「岩手・宮城内陸地震」でした。内陸直下型のこの地震によって、奥羽山脈を構成する栗駒火山の山麓には大規模な地形変動が発生しました。災害からの復興を契機に、自然災害と人間の営みの共生を考えることのできる貴重な地域となっています。

2015年に日本ジオパークに認定されました。

 

2015年06月23日

THE GEO ART ジオ・アート 下仁田 リリース(2015年06月23日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

下仁田ジオパークを題材にした新作「下仁田」が加わりました。

 

下仁田ジオアート表 下仁田ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

「下仁田ジオパーク」は群馬県の南西部、下仁田町の全域をエリアとしたジオパークです。
この地域は「日本の地質100選」に選ばれている「跡倉クリッペ」をはじめ、地質学的に貴重な痕跡が多く見られ、現在も研究が続いています。数々の地殻変動によって形成された独特の地形で生み出される「下仁田ネギ」「下仁田コンニャク」といった特産品も有名です。

2011年に日本ジオパークに認定されました。

 

2014年12月27日

THE GEO ART ジオ・アート 三笠 リリース(2014年12月27日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

三笠ジオパークを題材にした新作「三笠」が加わりました。

 

三笠ジオアート表 三笠ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

「三笠ジオパーク」は北海道のほぼ中央、石狩平野の東側に位置する三笠市の全域をエリアとしたジオパークです。
明治時代の開拓期に石炭が発見されたことから炭鉱町として栄えたこの地域は、一億年前の地層からアンモナイトの化石が多数出土することでも知られています。札幌や旭川といった都市部の近郊でありながら、一億年前から近代に至る自然と人間の関わりを学ぶことのできる貴重な地域であります。

2013年に日本ジオパークに認定されました。

 

2014年08月06日

THE GEO ART ジオ・アート 桜島錦江湾 リリース(2014年08月06日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

桜島錦江湾(さくらじま きんこうわん)ジオパークを題材にした新作「桜島錦江湾」が加わりました。

 

桜島錦江湾ジオアート表 桜島錦江湾ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

鹿児島県のシンボルにして世界的な観光地でもある桜島とその周辺をエリアに収めるのが「桜島錦江湾ジオパーク」です。
約2万9千年前に現在の錦江湾で起きた巨大な噴火の痕跡、そして60年近くにわたり活発な火山活動を続ける桜島など、地質学的に世界でも指折りの貴重な地域であり、活火山と大規模な都市が隣接しながら共生を営んでいることも大きな特徴です。

2013年に日本ジオパークに認定されました。

 

2014年05月27日

THE GEO ART ジオ・アート 磐梯山 リリース(2014年05月27日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

磐梯山ジオパークを題材にした新作「磐梯山」が加わりました。

 

磐梯山ジオアート表 磐梯山ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

「磐梯山ジオパーク」は福島県のほぼ中央に位置し、磐梯山や猪苗代湖をメインに構成されています。日本百名山の一つにも数えられる磐梯山の活発な火山活動によって生じた、大規模な断層や流れ山といったダイナミックな地形の数々に加え、自然環境が人々の生活や歴史と密接に結び付いてきた地域の文化も大きな魅力となっています。

2011年に日本ジオパークに認定されました。

 

2014年05月08日

THE GEO ART ジオ・アート 南アルプス リリース(2014年05月08日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

南アルプスジオパークを題材にした新作「南アルプス」が加わりました。

 

南アルプスジオアート表 南アルプスジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

日本列島を貫く最大級の断層「中央構造線」。「南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク」は、この巨大な断層系の中でも特に状態の良い露頭を観察できる地域を含んでいます。激しい断層の動きによって岩盤が風化し破砕されているため、侵食が進みやすく、断層に沿って深い谷が形成されています。壮大な地殻変動の痕跡を観察できる、世界的にも貴重な場所なのです。

2008年に日本ジオパークに認定されました。

 

2014年04月23日

THE GEO ART ジオ・アート 箱根 リリース(2014年04月23日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

箱根ジオパークを題材にした新作「箱根」が加わりました。

 

箱根ジオアート表 箱根ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

箱根山を中心に、神奈川県西部の一市三町(小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町)で構成される「箱根ジオパーク」。フィリピン海プレートなど3つのプレートが重なり合う火山地形により豊富な温泉資源に恵まれ、都心から100km圏内の近さということもあり、古くから現在に至るまで国際的な観光地として栄えてきました。高低差のある起伏に富んだ地形の中には、天然記念物を含む様々な動植物も見られます。

2012年に日本ジオパークに認定されました。

 

2014年03月26日

THE GEO ART ジオ・アート 四国西予 リリース(2014年03月26日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

四国西予ジオパークを題材にした新作「四国西予」が加わりました。

 

四国西予ジオアート表 四国西予ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

四国の西南地域、西予(せいよ)市を中心に構成される「四国西予ジオパーク」。四国山地の西の縁にあたるこの地域では、東西に走る構造帯に沿ってリアス式海岸・盆地・河成段丘・カルスト台地など様々な地形が見られます。また、海底の泥や砂・かつてのサンゴ礁などが堆積してつくられた地層からは、多くの化石が出土することでも知られています。

2013年に日本ジオパークに認定されました。

 

2014年02月19日

THE GEO ART ジオ・アート 男鹿半島・大潟 リリース(2014年02月19日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

男鹿半島・大潟ジオパークを題材にした新作「男鹿半島・大潟」が加わりました。

 

geoart/GA-ogahanto_rgb_300pix.jpg

秋田県沿岸部のほぼ中央に位置する「男鹿半島・大潟ジオパーク」。日本海沿岸の大規模な地殻変動の痕跡が多く観察できる地質学的にも貴重な地域であり、また戦後最大の干拓事業により農地へと生まれ変わった、八郎伝説で有名な八郎潟も含まれています。地域内には国定公園や鳥獣保護区、文化財が数多く存在し、自然環境と人間の営みの関係を様々な角度から学ぶことができます。

2011年に日本ジオパークに認定されました。

 

 

2013年12月03日

THE GEO ART ジオ・アート 八峰白神 リリース(2013年12月03日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

八峰白神ジオパークを題材にした新作「八峰白神」が加わりました。

 

geoart/GA-happo_shirakami_rgb_300pix.jpg

秋田県八峰町を中心に、ユネスコ世界自然遺産に認定された白神山地を範囲に含む「八峰白神ジオパーク」。険しい山岳地帯を形成し容易に近づくことのできない白神山地は、ほとんど人の手が加わることなく現在にまで太古の姿を残しており、地質学的にも貴重な遺産といえます。

2012年に日本ジオパークに認定されました。

 

 

 

2013年11月25日

THE GEO ART ジオ・アート 山陰海岸 リリース(2013年11月25日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、

山陰海岸ジオパークを題材にした新作「山陰海岸」が加わりました。

 

山陰海岸ジオアート表 山陰海岸ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

東西約110km、南北約30km。東は京都府京丹後市の経ヶ岬から西は鳥取県鳥取市の白兎海岸まで、1府2県3市3町にまたがる広大な地域を範囲とする「山陰海岸ジオパーク」は、海の侵食作用により様々な時代の地層が露出しています。日本列島がユーラシア大陸と地続きだった頃から現代に至るまでの歴史を確認できることから「地形・地質の博物館」と呼ばれています。

2008年に日本ジオパーク、2010年には世界ジオパークに認定されました。

 

2013年10月10日

THE GEO ART ジオ・アート 恐竜溪谷ふくい勝山 リリース(2013年10月10日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、恐竜溪谷ふくい勝山ジオパークを題材にした新作「恐竜溪谷ふくい勝山」が加わりました。

 

勝山ジオアート1 勝山ジオアート2

(左:表面/右:裏面)

日本列島のほぼ中央、福井県は勝山市を全域に収める「恐竜溪谷ふくい勝山ジオパーク」。その名のとおり、古代の恐竜の化石が数多く発見された国内最大級の化石発掘地として知られています。一級河川・九頭竜川の流域には河成段丘が発達し、冬には多くの雪が降ることから、豊かな地下水系に恵まれた土地でもあります。

2010年に日本ジオパークに認定されました。

 

2013年09月20日

THE GEO ART ジオ・アート 隠岐 リリース(2013年09月20日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、隠岐ジオパークを題材にした新作「隠岐」が加わりました。

 

隠岐ジオアート1 隠岐ジオアート2

(左:表面/右:裏面)

島根半島から北方へ約50Kmの沖合に広がる「隠岐ジオパーク」は、4つの有人島(島前・島後)と180余りに及ぶ大小の無人島、およびその周辺海域で構成されます。これら隠岐諸島の島々は約600~500万年前の火山活動によって形成され、長い年月の浸食をうけて現在の形になりました。島前の島々の形状には、かつてのカルデラ地形の痕跡が見てとれます。

2009年10月に日本ジオパーク、今年2013年の9月には国内6ヵ所目となる世界ジオパークに認定されました。

 

2013年08月09日

THE GEO ART ジオ・アート 霧島 リリース(2013年08月09日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、霧島ジオパークを題材にした新作「霧島」が加わりました。

 

geoart/GA-kirishima_rgb_300pix.jpg

宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島火山(霧島連峰)と、その周辺地域から成る霧島ジオパーク。大小20余りの火山が集まる霧島火山は、さながら「火山の博物館」です。連峰のひとつ、高千穂峰は「古事記」に伝わる天孫降臨の神話の舞台であり、古くから日本人の信仰の対象となってきた土地でもあります。さらにその南北には、直径10Km以上のカルデラ地形がいくつも見られます。

2010年に日本ジオパークとして認定されました。

 

 

2013年08月05日

THE GEO ART ジオ・アート 秩父 リリース(2013年08月05日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、秩父ジオパークを題材にした新作「秩父」が加わりました。

 

秩父ジオアート表 秩父ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

都心からほど近い関東山地の一角を成す秩父ジオパーク。市街が発展している秩父盆地を中心に、東の外秩父山地、南西の奥秩父山地、北の上武山地で構成されています。かつての海底が地殻変動で露わになった堆積構造物や、荒川・赤平川により形成された河成段丘が特徴的です。東京から近いこともあり、明治時代から地質学の研究が盛んに行われ、「日本地質学発祥の地」と呼ばれています。

2011年に日本ジオパークとして認定されました。

 

2013年07月26日

THE GEO ART ジオ・アート 白滝 リリース(2013年07月26日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、白滝ジオパークを題材にした新作「白滝」が加わりました。

 

geoart/GA-shirataki_rgb_300pix.jpg

北海道の東北部、湧別川の上流域に広がる白滝ジオパークは、古代の石器の材料として知られる「黒曜石(こくようせき)」が有名。国内最大規模の産出地である白滝地域をはじめ、丸瀬布・遠軽・生田原など各地域でも黒曜石を産出し、黒曜石の一大密集地帯を形成しています。

旧石器時代から文化の中心地となっていたこの地域には当時の遺跡も数多く分布しており、自然と人間との深い関わりを学び取れる環境が評価され、2010年に日本ジオパークとして認定されました。

 

2013年07月16日

THE GEO ART ジオ・アート 阿蘇山 リリース(2013年07月16日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、阿蘇ジオパークを題材にした新作「阿蘇山」が加わりました。

 

阿蘇ジオアート表 阿蘇ジオアート裏

(左:表面/右:裏面)

熊本県北東部に位置する阿蘇ジオパークは、世界最大級のカルデラ地形と、中心にそびえる阿蘇五岳(中岳、高岳、根子岳、杵島岳、烏帽子岳)と火山群、さらに周囲を取り巻く外輪山を含めた、壮大にしてダイナミックな景観が訪れる者を圧倒します。カルデラ地形の内部に安定した集落が形成されているのも、他に類をみない特徴です。

火山活動と人間の暮らしが密接に結び付いた環境が評価され、2009年に日本ジオパークとして認定されました。

 

2013年07月12日

THE GEO ART ジオ・アート アポイ岳・日高山脈 リリース(2013年07月12日)

当社の鳥瞰図ポスター「ジオ・アート」のラインナップに、アポイ岳ジオパークを題材にした新作「アポイ岳・日高山脈」が加わりました。

 

geoart/GA-apoidake300pix.jpg

北海道は日高山脈の西南端、様似町に位置するアポイ岳。この周辺には、世界でも類を見ない多彩で貴重なかんらん岩から成る山岳や渓谷、特殊な土壌・気候条件のもとに育まれた独特の高山植物群落、そして古くから交易の拠点として栄えてきた固有の歴史と文化があります。

これら豊かな自然環境および歴史文化が評価され、2008年に日本ジオパークとして認定されました。

 

 

 

クイック検索

製品名や目的などキーワードを入れて情報を検索する事が出来ます。


メニュー

お知らせのトップ
お知らせ
製品情報
メディア情報
レポート
ギャラリー
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

よくある質問と答え

他のFAQも見る