1. ホーム
  2. お知らせ
  3. レポート
  4. FOSS4G 2016 NARA.KANSAI / TOKYO 参加レポート

FOSS4G 2016 NARA.KANSAI / TOKYO 参加レポート

2016年11月22日

FOSS4G 2016 NARA.KANSAI/TOKYOが開催されました。

地理空間情報系のオープンソースソフトウェアのカンファレンスである「FOSS4G 2016 NARA.KANSAI / TOKYO」が開催されました。
FOSS4Gって何だろう?という方は、こちら(FOSS4Gって何ですか?)をチェック!)

当社はこのカンファレンスの公式スポンサーで、業務でFOSS4Gツールを使用している技術者たちが参加しました。
加えて、当社技術者の石崎がFOSS4Gツールの活用事例の発表、ハンズオン(体験学習)の講師を務めました。

 

活用事例発表「FOSS4Gと北海道地図」


FOSS4Gと北海道地図 from Kazutaka ishizaki

今年はFOSS4Gイベント開始から10周年ということで、当社におけるFOSS4G活用の歴史を振り返りました。
社内では当初、簡単なデータ編集に「QGIS」、WebGIS(Web地図)の構築に「PostGIS」「MapServer」「OpenLayeres」を使用していました。
しかし最近では扱える種類も増え、「GeoServer」「Leaflet」「pgRouting」、更に廃止となったGoogle Earth APIの代わりに、Web上で3D地図を作成可能な「Cesium」も扱っています。

  

 

ハンズオン「Cesiumを動かしてみよう」


Cesiumを動かしてみよう FOSS4G 2016 Tokyo版 from Kazutaka ishizaki

ハンズオンとしてCesiumのインストールから、様々なデータを扱う方法までを体験していただきました。
7月に開催されたFOSS 4G HokkaidoでのCesiumの講習(レポートはこちら)の内容に加え、より実践的な内容を盛り込んだ発表を行いました。
今回体験していただいた内容以外にも質問が起きる等、受講者の皆様に興味を持っていただけたようです。

  

 


 

ご紹介したように当社では多くのWebGIS(Web地図)FOSS4Gツールを使用してきました。
3D地図を作成出来るCesiumを始めとして、多くのWebGIS・FOSS4Gツールを使用した開発案件を手掛けています。
お客様のニーズに合わせた環境の構築、最適なご提案を行っておりますので、是非お問い合わせ下さい!

 

お問い合わせ

当社のFOSS4Gの取り組みや作業事例に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
お気軽にご連絡下さい。

クイック検索

製品名や目的などキーワードを入れて情報を検索する事が出来ます。


メニュー

お知らせのトップ
お知らせ
製品情報
メディア情報
レポート
ギャラリー
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

よくある質問と答え

他のFAQも見る