1. ホーム
  2. 事業内容
  3. 試用レポート
  4. Terrain
  5. ペーパークラフトマップのつくり方

試用レポート

Terrain

MAPSHOPで発売中の「ペーパークラフトマップ」をつくってみよう

つくってまなぶペーパークラフトマップシリーズの第一弾「アポイ岳」を実際につくってみました。
なかなか作りごたえのある仕様ですので、皆さんも是非トライしてみてください。

ご購入はこちらから●ペーパークラフトマップ「アポイ岳」
ご購入はこちらから●ペーパークラフトマップ「昭和新山」
 
ペーパークラフトマップ「アポイ岳」は四枚で1セットです。図柄の見本が一枚、パーツが三枚。

 

  まずは、大きなパーツからカッターで切り出してみます。
細かいパーツは切り出すのが結構大変ですが、複雑なほど面白い作業です。   切り出しと同時に“折り線”をつけます。カッターの裏側で軽くスジをつけるだけで、とても折りやすくなるんです。

 

実際に折ってみると、つけた折りスジ通りにキレイに折れます。   ノリしろには全て番号がついており、対となる部分を見つけて貼っていくことになります。

 

全てのパーツ切り出しました。この辺で、作業の50%が完了です。

 

  全30パーツが揃ったら、次は組み立てです。
はけボンドを用意します。今回は、ボンドと水を3:1の割合でときました。ボンドが多いとのびが悪く、均質に塗りにくいですし、水が多過ぎるとたれてしまったり、乾いた時にゆがむ原因になります。

 

  はみ出さないくらいの適量をノリしろに塗っていきます。
複雑に重なる所や鋭角な谷の部分が難所ですね。山となる部分は意外にすんなり組み立てられます。   どのパーツからつなげていっても大丈夫ですが、端から固めていくと、後で中央部に指が届かず、貼りにくくなってしまいます。上手く考えてつなげていきましょう。

 

今回は海側から、つくっていき、徐々に難しい山間部に入っていきました。やはり、起伏が大きい部分は難しいです。   裏を見るとこんな感じ。最後に図柄見本の台紙で蓋をします。底面をしっかり閉めることで形が安定します。

 

内側が多少ゆがんでいても、角や端がビシッとキマれば、全体が良く見えます。角部分は集中してつくりましょう。   はい、完成しました。今回は丁寧につくりましたので、制作時間は約10時間です。パパッとつくれば4時間くらいでも完成させることはできます。

 

 

制作してみての感想

実際に自分の手で立体物に仕上げていくと、その土地の特徴や地形をリアルに体感できた気がします。工程は単純で解りやすいですが、組み合わせる時には器用さが要求されますし、時間をかけた分、かなり作りごたえがあったと感じています。
「アポイ岳」は中級者向けの難易度でしたので、次は上級レベルのペーパークラフとマップに挑戦してみたいです。

 

地図専門のWebショッピングサイト「マップショップ」

●ペーパークラフトマップ「アポイ岳」を購入する
●ペーパークラフトマップ「昭和新山」を購入する

 

製品カテゴリ

活用事例へ

試用レポートへ

クイック検索

製品名や目的などキーワードを入れて情報を検索する事が出来ます。


メニュー

事業内容のトップ
GISMAPシリーズ
オーダーメイドマップサービス
空間情報サービス
地図調製・印刷
3Dマッピング
出版事業
活用事例
試用レポート
TEXTURE
Terrain

よくある質問と答え

他のFAQも見る